「みみずく」は、岩手・花巻を中心にしたお土産品のお店です。

TEL. 0198-31-3029

岩手県花巻市矢沢10地割87−7

【新花巻駅構内】

メニュー

民芸・工芸品

岩手を代表する工芸品と言えば、鉄瓶、急須、風鈴などの「南部鉄器」が上げられますが、それ以外にも着古るした布を丁寧に裂き、機織り機で織り直した「裂織り」や、国の伝統工芸品の指定を受けている「南部型染め」、さらには、伝統芸能の「鹿踊り」の木彫などを取り揃えています。是非ご覧ください。

南部鉄器急須

「」写真

南部鉄器は、17世紀中頃南部藩主が京都から釜師を招き、茶の湯釜を作らしたのが始まりと言われています。南部鉄器の急須は保湿性に優れとても丈夫で、品格を感じる重厚な佇まいが特徴的です。急須の内側はコーティングされていますので、直火にはかけないようにしてください。

南部風鈴

「」写真

夏の風物詩「風鈴」は、金属、ガラス、陶器、木、木炭、水晶など様々な材質でできています。その中で南部鉄器でできた「南部風鈴」は特有な透き通るような音色が特徴で、心和ませる音色が優しく響きます。ゆっくりとお楽しみください。

さき織り

「」写真

南部裂織りは古い布を生き返らせるための織物で、古布を裂いて横糸にし、木綿にの縦糸を織り機にかけて織り上げるもので、伝統的なECO商品と言えます。そのため同じ模様のものは一つとしてなく、すべて一点ものです。店頭には、裂織りの「コースター」「ポーチ」「がま口」などを取り揃えています。

南部型染め

「」写真

南部藩時代に、農家では自給自足として麻織物が盛んに織られており、藍を染料に無地染や型染がされていました。作業着として愛用されたその型紙の中から、色々な花や唐草模様等の伝統模様の型で糊付けし染め上げたのが、南部型染めです。店頭では、コースター・名刺入れ・手提げ袋などをご用意してあります。

鹿踊り

「」写真

鹿踊(ししおどり)は南部藩の周辺で受け継がれた伝統舞踊で、シカの頭部を模した鹿頭とそれより垂らした布により上半身を隠し、ささらを背負った踊り手が、シカの動きを表現するように上体を大きく前後に揺らし、激しく飛び跳ねて踊ります。これを木彫りにした伝統工芸品です。

こけし

「」写真

南部系のこけしは、花巻を中心に佐々木家、煤孫家などの木地師によって色彩のないキナキナ形式で始まり、その後鳴子系、遠刈田系の影響で描彩されるようになりました。当店では、宮沢賢治をイメージしたこけしやデクノボーこけしをご用意してあります。

Copyright© みみずく| mimizuku.com , 2018 AllRights Reserved.